ハウステンボス アトラクションの待ち時間一覧と混雑攻略法!

長崎県にあるハウステンボス、休みの日なんかは多くの人で賑わうことでしょう。そんなハウステンボスのアトラクションの待ち時間や混雑状況はどうなっているのか?気になりますよね。アトラクションの待ち時間一覧と混雑の攻略法を今回は確認していきたいと思います。

【ハウステンボス】アトラクションの待ち時間一覧!

まずはハウステンボスのアトラクションの待ち時間一覧表について。これは曜日や特別な期間ごとに待ち時間を一覧表で表してみたいと思います。

<平日>
待ち時間の心配なし

<土日・祝>
人気のアトラクションは約30分前後。一般的なアトラクションなら待ち時間の心配なし。

<特別な期間>
人気のアトラクションは約1時間前後。一般的なアトラクションは約30分前後。
※特別な期間とは、ゴールデンウィークやシルバーウィーク時など。

<特別な期間 一覧>
4月下旬から5月上旬:ゴールデンウイーク期間中
7月下旬~8月下旬:夏休み期間中
9月:シルバーウィーク期間中
12月24日、25日:クリスマスイブ、クリスマス
12月31日:カウントダウン

土日や祝日、特別な期間の時は待ち時間があるものの、長くても1時間程度。ディズニーランドやUSJほどではありませんので、そこまで待ち時間の心配をしなくても大丈夫かと思われます。

上記の待ち時間一覧をしっかりと確認して足を運ぶようにしましょう!

【ハウステンボス】混雑攻略法!

ハウステンボスは土日や祝日、GWや夏休みなどは混雑します。そこで、混雑攻略法は何かないか?気になりますよね。簡単な混雑攻略法をご紹介したいと思います。

1:平日に行く

平日ならば確実に混雑を避けられるでしょう。ただし、春休み、夏休み、GW、お盆、冬休みなど特別な期間は平日でも混雑しますので注意!

2:雨の日に行く

雨の日はかなり混雑を避けることが可能。雨の日でも楽しめる施設がたくさんありますので、あえて雨の日に足を運ぶのは利口な選択かもしれません。

3:早めに到着

ハウステンボスの開園時間は午前9時から。ですので、8時30分頃には到着して待機することで、混雑を避けることが出来るかと思います。早目に行くのはおススメですよ!

ハウステンボスのアトラクションの待ち時間一覧や混雑の攻略方法をしっかりと覚えておき、思う存分楽しむようにしましょう。

ハウステンボス アクセス方法

<東京から>
東京駅(新幹線「のぞみ」で5時間5分)→博多駅(特急「ハウステンボス」で1時間45分)→ハウステンボス到着

<新大阪から>
新大阪駅(新幹線で2時間30分)→博多駅(特急「ハウステンボス」で1時間45分)→ハウステンボス到着

<関連記事>
ハウステンボス アトラクション人気ランキング!2017年のおすすめを紹介!

PAGE TOP