やけど虫は飛ぶ!?生息地は九州の他に東京,大阪,北海道など全国にも!

現在ツイッターなどネット上で話題になっているやけど虫。やけど虫って飛ぶの?と疑問の声がチラホラあります。また、やけど虫の生息地として九州に注目が集まっていますが、東京や大阪、北海道などの大都市も気をつけた方がいいと拡散されていました。やけど虫は飛ぶのか?そして生息地の九州や東京,大阪,北海道について考えてみましょう。

やけど虫は飛ぶの?

ネット上ではやけど虫は飛ぶのか?かなり気になっているようですね。やけど虫は飛ぶことが出来ます。やけど虫にはしっかりと羽根があるのです。やけど虫の見た目からは羽がないように見えますが、普段は折りたたんでいるから。ちなみにやけど虫の正式名所は「アオバアリガタハネカクシ」と言い、名前にハネカクシと付いているのが特徴です。

やけど虫は飛ぶので油断せずに、近づかないようにしましょう。そして、飛ぶと言うことは移動範囲が広がると言うことに・・・。

やけど虫の生息地は九州だけでない!東京,大阪,北海道なども注意!

やけど虫は九州地方での発生に注目が集まりますが、忘れてはいけないのは飛ぶということ。つまり、飛べることで移動範囲が広がりますよね。

実際に九州以外でも東京,大阪,北海道など、全国でやけど虫を見かけている人がいます。特に東京,大阪,北海道など大都市では多くの人が集まるので、やけど虫が生息するのか?気になるのでしょう。東京,大阪,北海道は勿論、全国が生息地となるのでやけど虫を見かけたらすぐに逃げて下さい。

ちなみに、6月~8月の池、沼、川岸、畑などによく姿を見せるようです。夏はBBQなど河原で楽しんだりすると思うので、十分に気をつけましょう。

やけど虫は飛ぶと言うことがわかり、生息地も九州だけでなく、東京,大阪,北海道など全国にいることもわかりました。最後にやけど虫の対策方法について簡単に覚えておきましょう。

やけど虫はペデリンという有害物質を体内に持っていて、ペデリンを含んだ体液が付着することで皮膚が腫れ上がってしまいます。つまり、やけど虫に触らなければよいと言うことです。虫などいると、手で追っ払ったり潰したりしますよね?夏になれば蚊が沢山出てくるので手で潰す人が大勢いるでしょう。

しかし、やけど虫の場合は触ってはいけないので、息を吹きかけて追っ払うのが一番の対策。殺虫剤でやっつけた場合でも素手で触らず、ティッシュなどにくるんで捨てるようにして下さい。

やけど虫の生息地は全国。九州に住んでいないから安心!と思うのではなく、見かけたら体液が皮膚に付着しないように十分に注意しましょう。

<関連記事>
やけど虫の薬と駆除方法や対策!治療はしっかりと行おう!
【画像あり】やけど虫の症状はかゆみより痛み!対策は息を吹きかける!?

PAGE TOP