【2016年】定形外郵便の配達日数は?(GWと土日)

定形外郵便を利用する人は大勢いるのではないでしょうか?2016年のGWや土日に定形外郵便を利用する人も何人かいると思います。そこで気になるのは配達日数ですよね。2016年のGWや土日の定形外郵便の配達日数はどれぐらいなのでしょうか?GWや土日の配達についてお伝えしたいと思います。

【定形外郵便】2016年のGWや土日の配達日数は?

定形外郵便の配達日数なのですが、通常であれば2~3日程度と覚えておくとよいでしょう。近隣の県の場合は翌日に届くこともあるし、逆に離島等など遠い地域となると、3日以上かかることもあります。

【スポンサーリンク】
2016年のGW時の配達ついて

2016年のGWは4月29日(金・祝)~5月5日(木・祝)となります。この期間、定形外郵便の配達はどうなるのでしょうか?

4月29日(金・祝):休配
4月30日(土):配達
5月1日(日):休配
5月2日(月):配達
5月3日(火・祝):休配
5月4日(水・祝):休配
5月5日(木・祝):休配

GW期間中は全て休配されるのではなく、4月30日の土曜日と5月2日の月曜日は配達されます。なので配達日数については逆算して、定形外郵便を利用するとよいでしょう。

土日の配達について

定形外郵便は通常、平日と土曜日は配達します。日曜日と休日が休配です。なので、定形外郵便を利用する際は注意しましょう。

わかりやすく例を挙げてみたいと思います。
<静岡県から静岡県又は近隣の県に送る場合>
静岡県から同じ静岡県や近隣の県(愛知県など)に定形外郵便を送る場合、通常ですと翌日に荷物は届きます。金曜日の集荷前に荷物を出せば翌日の土曜日に届くということになります。ちなみに、郵便局によって当日の発送に間に合う集荷時間は異なる為、お近くの郵便局に確認するようにしましょう。金曜日の集荷後に荷物を出した場合は月曜日に届くでしょう。

<静岡県から大阪に送る場合>
静岡県から大阪に定形外郵便を送る場合、通常ですと翌々日に荷物は届きます。月曜日の集荷前に出したら水曜日に届くということですね。では金曜日の集荷前に出した場合、翌々日だと日曜日です。しかし日曜日は配達が休みなので、月曜日に届くということになるわけです。

上記の例はあくまでも通常のめあすです。遠い地方だと日数はかかってしまうし、特産品の出荷など、利用が集中する時期は1日余分に日数がかかることもあります。届ける期限がある場合は、何日かゆとりを持って出すのがよいでしょう。

【スポンサーリンク】

また、郵便局の公式HPでは配達日数を調べることができます。

【配達日数を調べる→http://www.post.japanpost.jp/deli_days/index.html】

配達日数が知りたい場合は利用してみるとよいでしょう。

また、ゆうパックや速達など、日曜日や祝日に荷物を届ける制度もあります。急ぎの荷物がある場合はこれらの制度を利用するとよいでしょう。詳しくはお近くの郵便局で確認してみて下さい。

定形外郵便の料金とサイズについて

定形外郵便は重さによって料金がことなります。

50gまで→120円
100gまで→140円
150gまで→205円
250gまで→250円
500gまで→400円
1kgまで→600円
2kgまで→870円
4kgまで→1,180円

また、サイズの規定もあります。

最大サイズ→幅,長さ,高さの合計が90cm以内で最も長い辺が60cmまで
最小サイズ→円筒状の物なら直径3cm以上,長さは14cm以上
※9cm×14cm以下の物は定型郵便
※6cm×12cm以上で耐久力のある厚紙または布製の宛名を付ければ定型外とすることが可能

今回は2016年のGWや土日の配達や定形外郵便の配達日数についてお伝えしました。料金や規定サイズも把握してくと便利ですよね。定形外郵便を利用する場合は、配達日数や2016年のGW期間や土日の配達についても注意しておきましょう。

【スポンサーリンク】
PAGE TOP