高畑裕太の発達障害(ADHD)は4歳から!エピソードを振り返ると恐ろしい事実が!

連日、高畑裕太さんのことで話題になっていますね。そんな高畑裕太さんは発達障害のADHDとのこと。4歳の時に発達障害、ADHDと診断され、これまでに色々なエピソードがあったそうです。高畑裕太さんの4歳からこれまでのエピソードと共に発達障害のADHDについて簡単に確認しておきましょう。

高畑裕太の発達障害「ADHD」について

高畑裕太さんが4歳の時に診断された発達障害のADHDとはどんな症状がでるのか?まずは簡単に覚えておきましょう。

ADHDは注意欠陥・多動性障害とも言われていて、3つの症状が表れます。

・不注意
・多動性
・衝動性

これらの言葉を見ると、幼い子供に多い出来事ですよね。まさに4歳時の子供とか、こういった行動を目にするのではないでしょうか?

ADHDの障害者は、集中力がなく、じっとしていることができない。電車の中などで動き回っている子供とかいますもんね!そして、考えずに行動してしまう。今回の高畑裕太さんの出来事は「考えずに行動してしまう」に当てはまるでしょう。自分の欲求を抑えることが出来なかったのですから・・・。

このADHDは子供の内に完治する場合がほとんどなのですが、稀に大人になっても治らない場合があるとのこと。高畑裕太さんはそのパターンだったのかもしれませんね。

高畑裕太の4歳からこれまでの危ないエピソード

高畑裕太さんはこれまでにヤバい!と思わせるエピソードがあったとのことなのですが、どんなエピソードがあったのでしょうか?

➀短いスカートを履いた女の子に触った

高畑裕太さんが芸能関係者にポロっと口にしたエピソードで、短いスカートを履いている女性に気がついたら触ってしまっていたとのこと。バレて騒ぎそうになったから急いで逃げたそうですが・・・。

完全にOUTの行動ですよね。ポロっと話すエピソードではありません。自分の欲求を抑えきれず、意思とは反対に勝手に行動してしまったのでしょう。これがADHDの恐ろしさなのかもしれません。

➁自転車を盗もうとした

路上に停めてあった鍵のついていない自転車を盗もうとしてトラブルになったそうです。この行動も完全にOUT。窃盗ですからね・・・。

私が高校生の時に民家の自転車を盗んで退学になったクラスメイトがいました。なんだかそれを思い出してしまうのですが、本当にいけない行動です。ADHDにより、突発的にこういった行動に出てしまったのでしょう。

他にも、控室の備品を理由もなしに破壊したり、女性スタッフに後ろから抱き着いたりとNG行動がこれまでに沢山あったそうです。こういったエピソードを聞くと少し怖いですよね・・・。

高畑裕太さんがADHDという発達障害を4歳から発症していて、こういったエピソードがあったことに驚いた人は大勢いるのではないでしょうか?

今後、高畑裕太さんはどうなっていくのか?多くの人が注目しているはずです。

スポンサーリンク

メンズ記事 BEST3!

  1. 冬といえばお肌が乾燥する季節。女性は特にお肌の悩みが強いだろう。しかし近年、美肌男子が増加傾向にあり…
  2. 最近では女性だけでなくメンズも縮毛矯正する時代になっていると思われる。V系アーティストやホストにはじ…
  3. 毎日使用するシャンプー。女性は気を使っている人が多いと思うが、男性はどうだろうか?「俺は男だからな~…
PAGE TOP