台風21号(2017)気象庁の最新進路予想図!沖縄や石垣島へ22日頃に急接近!?

2017年の台風21号が西太平洋のカロリン諸島付近で発生し、週末の10月21日,22日頃に日本へ接近するとのこと。沖縄や石垣島へ急接近とのことですので、気象庁の最新進路予想図にて、今後の台風の流れを確認していきたいと思います。2017年の台風21号、気象庁の最新進路予想図にてしっかりと把握しておきましょう。沖縄,石垣島は注意ですよ!

【2017年】台風21号 気象庁の最新進路予想図!沖縄や石垣島に急接近!

2017年の台風21号、沖縄や石垣島へ接近するということでさっそく、気象庁の最新進路予想図を見ていきましょう。

気象庁 最新進路予想図


出典:http://www.jma.go.jp/jp/typh/

2017年の台風21号が週末に向けて徐々に日本列島へ近づいているのがわかるかと思います。気象庁の最新進路予想図を見てわかる通り、沖縄や石垣島は週末、気をつけなければいけませんね。

また、徐々に上陸していく恐れもある為、沖縄や石垣島だけでなく、他の地域も気をつけなければならないかもです。九州,四国,関東,東海,東北,北海道・・・。どの地域に住んでいる人も台風21号の気象庁の最新進路予想図は常に把握しておくようにしましょう。

<2017年の台風発生回数(現在まで)>
4月:1回
6月:1回
7月:8回
8月:5回
9月:4回
10月:2回
合計:21回
<2016年の台風発生回数>
7月:4回
8月:7回
9月:7回
10月:4回
11月:3回
12月:1回
合計:26回

台風の発生状況を見てみると、2017年の今年は7月が多かったですね!8月,9月も割かし発生しています。

そして2016年の発生状況を見ると、11月と12月にも発生。ですので、今年も11月,12月まで台風が発生する可能性は十分に有り得ると考えてよいでしょう。できれば台風21号で終わってほしいところですが・・・。

台風21号と共に、今後の台風情報にも目を向けるように!

台風が発生することにより仕事の通勤が大変になるかと思います。ダイヤが乱れたり通行止めがあったりと不測の事態が考えられますので、台風時に仕事に出かけなければならない人はいつもより早めに家を出るようにしましょう。

また、暴風により物が飛んできたり、増水による被害も必ず起こります。怪我や事故に巻き込まれることは避けて、視野を広げて行動して下さい。台風が去った後でも増水による水害の被害は多々ありますので、川などの近くには行かないこと。

台風には十分に注意しましょう!

スポンサーリンク

メンズ記事 BEST3!

  1. 冬といえばお肌が乾燥する季節。女性は特にお肌の悩みが強いだろう。しかし近年、美肌男子が増加傾向にあり…
  2. 最近では女性だけでなくメンズも縮毛矯正する時代になっていると思われる。V系アーティストやホストにはじ…
  3. 毎日使用するシャンプー。女性は気を使っている人が多いと思うが、男性はどうだろうか?「俺は男だからな~…
PAGE TOP