【セブンファーム】工場が爆発した原因は?働く男性は常に気をつけよう!~茨城県筑西市~

2016年6月15日(水)の正午過ぎに茨城県筑西市にあるセブンファームの工場が爆発したと報道されました。工場が爆発となるとかなり怖いですよね。爆発した原因は何だったのでしょうか?また、セブンファームの工場とはどんな工場なのか?茨城県筑西市にあるセブンファームの工場が爆発した原因について考えてみたいと思います。爆発した原因を突き止めて、二度と同じことが起きないように対策をしなければいけませんね。


茨城県筑西市 セブンファームの工場が爆発した原因について

茨城県筑西市にあるセブンファームの工場が爆発したと報道され、多くの人が爆発した原因について気になっているようですね。爆発の原因については現在調査中なのですが、噂では堆肥から出るガスによる爆発ではないか?と言われています。

堆肥は「たいひ」と読み、有機物を微生物によって完全に分解した肥料のことを言います。この堆肥からはガスが出るらしく、それが何かに引火して爆発したのではないか?とのこと。

過去にあった他の工場での爆発事例を挙げると、粉を扱う工場で粉塵が空気中に舞い、それが引火して爆発したなんてこともありました。なので今回のセブンファームで起きた爆発事故の原因は堆肥から出るガスの可能性も十分に有り得ると言えるでしょう。

普段、色々と気をつけているとは思いますが、こういった意外な所から意外な出来事が発生してしまうこともあるので、働く人は十分に気をつけなければいけませんね。特に工場勤めの男性は沢山いると思うし、家族がいる男性は多いかと思います。自分の為だけでなく、家族を支えていく為にも自分の体はしっかりと守っていきましょうね。


セブンファームの工場について

茨城県筑西市にあるセブンファームの工場はどんな工場なのか?気になりますよね。セブンファームの工場は環境循環型農業です。販売期限切れになった食材は廃棄にするのですが、その廃棄を堆肥としてリサイクルして新たに野菜を生産する工場です。

茨城県筑西市のセブンファームの工場はイトーヨーカドーが千葉県にある富里市農業協同組合と協力して設立した団体。なので、新たに生産された野菜はイトーヨーカドーの店頭に出荷されます。

ちなみに、茨城県筑西市のセブンファームの工場は2010年9月1日に設立されています。株式会社セブンファームと農事組合法人つくば農業生産組合と農業法人有限会社アグリクリエイトの3社による共同出資での設立。

2010年ということは6年前ですね。工場にしてはまだそこまで長い年月ではありません。今回の件で工場内を見直し、しっかりと対策を考えてほしいなと思います。幸いにもケガ人の情報は今のところないそうなのでよかったですね。天井が吹き飛ぶほどの爆発だったそうなので、多くの人が怖い思いをしたのではないでしょうか?

以上、茨城県筑西市のセブンファームの工場が爆発した原因についてでした。

スポンサーリンク

メンズ記事 BEST3!

  1. 冬といえばお肌が乾燥する季節。女性は特にお肌の悩みが強いだろう。しかし近年、美肌男子が増加傾向にあり…
  2. 最近では女性だけでなくメンズも縮毛矯正する時代になっていると思われる。V系アーティストやホストにはじ…
  3. 毎日使用するシャンプー。女性は気を使っている人が多いと思うが、男性はどうだろうか?「俺は男だからな~…
PAGE TOP