村田沙耶香「コンビニ人間」の内容と感想!印税は芥川賞受賞でどれぐらいになるのか?

村田沙耶香さんのコンビニ人間が第155回の芥川賞受賞作品となりましたね!今後、村田沙耶香さんのコンビニ人間は大注目されるでしょう。そこで気になるのはコンビニ人間の内容や感想。既に村田沙耶香さんのコンビニ人間を読んだ人はどのような感想を述べているのか?また、どんな内容なのか?そして、村田沙耶香さんのコンビニ人間が芥川賞受賞と言うことで、印税なんかも気になりますね。今回は芥川賞を受賞した村田沙耶香さんのコンビニ人間の内容や感想と印税についてです。

村田沙耶香のコンビニ人間の内容や感想について

芥川賞を受賞した村田沙耶香さんのコンビニ人間。一番気になるのはコンビニ人間の内容や感想だと思います。村田沙耶香さんのコンビニ人間の内容や感想を簡単に確認してみましょう。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
※コンビニ人間(楽天リンク)

内容

村田沙耶香さんは実際にコンビニで働きながらコンビニ人間を書き上げました。なので、コンビニ人間という作品は村田沙耶香さんの経験、内部事情がわかっている人にしか書けない内容となっています。

コンビニ人間の主人公である古倉恵子は世界観や物事を見る視点がかなりユニーク。小鳥の死体を見て焼き鳥にしたら?と提案するなど、かなり変わった思考の持ち主です。

そんな古倉恵子は幼いころから普通じゃない子とされてきましたが、大学1年生の時、コンビニバイトの募集広告と出会いました。変人のレッテルを貼られていた古倉恵子はコンビニで働き始めた時、今までの息苦しさや生き難しさが一変するのです。コンビニが古倉恵子にとってのホーム。コンビニで働くことで普通の人間として認識される為の振る舞いが簡単になりました。

18年コンビニで働き続ける古倉恵子。店長は8人目になり、同僚は入れ替わりを繰り返します。ただ変わらないのはそこがコンビニであることと、古倉恵子がいると言うことだけ。マニュアルも完璧で客への対応もパーフェクト。しかし、新しく入ったバイトの男性、白羽によって古倉恵子のコンビニ人間としての立場が危うくなっていきます。

感想

コンビニ人間を読んだ感想を見ると、主人公の古倉恵子だけが曇りない目で世界を見ていて、新しい視点を教えてくれるとのこと。また、人間の作り方の本質として興味深く読むことができる作品です。

古倉恵子のコンビニ人間は「正常な人間という気持ち悪さ」を描いている為、人や社会を批判しているように思えてしまいますが、実は批判しているのではなく、この気持ち悪さこそ人間の本質、この世界そのものだと提示しています。

少し違った視点や人間の本質について考えてみたい人におススメの作品となるでしょう。

芥川賞受賞で印税はどれぐらいになるのか?

村田沙耶香さんのコンビニ人間が芥川賞受賞と言うことで印税はどれぐらいになるのか?少し気になりますよね。印税は本の価格の10%程度と言われています。昨年芥川賞を受賞した羽田圭介さんは年末の時点で2200万円と暴露しています。なので、この2200万円という金額が参考になるのではないでしょうか?

これだけの印税が貰えるとなると、かなり羨ましいですよね・・・。一気にお金持ちの仲間入りです。

村田沙耶香さんの生活スタイルは午前2時に起きて小説を書き、午前8時から昼の13時までコンビニでアルバイトをするという流れ。コンビニで働く理由は生活サイクルを保つ為と人間観察の為だそうです。

コンビニで働いたことにより、コンビニ人間の内容が深くなり、裏の部分も細かく書くことが出来たのでしょう。内部事情をわかっている人にしか書けない作品と言うわけです。

今後、村田沙耶香さんには注目していたいと思います。

以上、芥川賞を受賞した村田沙耶香さんのコンビニ人間の内容と感想や印税についてでした。

スポンサーリンク

メンズ記事 BEST3!

  1. 冬といえばお肌が乾燥する季節。女性は特にお肌の悩みが強いだろう。しかし近年、美肌男子が増加傾向にあり…
  2. 最近では女性だけでなくメンズも縮毛矯正する時代になっていると思われる。V系アーティストやホストにはじ…
  3. 毎日使用するシャンプー。女性は気を使っている人が多いと思うが、男性はどうだろうか?「俺は男だからな~…
PAGE TOP