君の名は。ネタバレ!ラストの結末と感想から凄くいい映画だと話題に!

今話題の映画、「君の名は。」これは見知らぬ男女の体が入れ替わる映画なのですが、ラストの結末がヤバい!感動する!との感想がネット上で数多く見られました。「君の名は。」の映画を観に行けない人、これから見る人はネタバレ情報なんかが気になるのではないでしょうか?今回は「君の名は。」のネタバレ情報、ラストの結末や感想についてお伝えしたいと思います。

ネタバレ!「君の名は。」ラストの結末は?

多くの人が気になっている「君の名は。」のネタバレ。ラストの結末まで順を追って説明していきます。ラストの結末は感動で終わるので、是非、多くの人に見てほしい映画です。ここからはネタバレになるので、理解した上で読み進めて下さいね。

君の名は。 ネタバレ

東京に住む男子高校生の立花瀧と田舎に住み、東京に憧れる女子高校生の宮水三葉が主人公の物語。

見ず知らずの2人はある時、目が覚めると身体が入れ替わるという不思議な体験が起こります。お互いに誰なのかわからないままなので、日記などで情報交換することに。この2人はずっと入れ替わっているのではなく、再び眠りについて目が覚めると元の身体に戻ります。この身体が入れ替わるという現象は週に2,3回起きるのです。

ある時、2人の身体が突如入れ替わらなくなります。立花瀧は宮水三葉のことが物凄く気になり、宮水三葉の住む岐阜県へ足を運ぶことに。これまでに得た情報を頼りに宮水三葉のことを探す立花瀧。すると、ラーメン屋の店主から有力な情報を入手します。

しかし、その情報は耳を疑うものでした。3年前に彗星の片割れとなった隕石が落下し、多くの人が亡くなったのですが、その時の犠牲者名簿を調べると宮水三葉の名前が・・・。

つまりどういうことかと言うと、立花瀧と宮水三葉はただ入れ替わっただけでなく、時間軸がズレた状態で入れ替わりをしていたとのこと。これを知った立花瀧は諦めることができず、隕石の被害を受けていない場所を訪れます。

そして再び宮水三葉との入れ替わりに成功した立花瀧。テレビをつけると彗星接近のニュースが流れていて、同じ悲劇を繰り返してしまうことを確信。急いで町民に非難を呼びかけます。

一方、その場にあった立花瀧の身体で目を覚ました宮水三葉は自分が1度死んでいることに気がつき、2人は初めて顔を合わせる展開になりました。

立花瀧は自分の計画した避難計画を宮水三葉に引き継ぎ、宮水三葉はその計画通りに行動し実行。その結果、隕石は落ちたものの、町民全員が隕石の衝突を免れ助かったという結末になりました。歴史が変わった瞬間です。

このように、「君に名は。」のラストの結末は感動で終わり、多くの人が涙を流したのではないでしょうか?ネット上の感想を見ても、やはりラストの結末がよかった!との意見がたくさんあります。まだ見ていない人は映画館で見てみて下さい。

「君の名は。」の感想

ネット上には多くの感想がありました。「君の名は。」を見た人はどういった感想を述べているのでしょうか?

・映像、ストーリー、音楽のどれを取っても非の打ち所がないくらい素晴らしい映画!
・今年見た映画で一番!
・何回でもお金を払って見たい映画だった
・入れ替わりから恋愛に向かう映画かと思いきや、まさかの展開に驚き!
・音楽も素晴らしく、笑いも涙もあり、ひたすら感動していた

このように、多くの人が感動していてかなりの高評価。2016年の一番の映画になるかもしれませんね。

ちなみに、2016年8月27~28日の全国映画動員ランキングトップ10では1位を獲得。人気映画の「ペット」や「シン・ゴジラ」を抜いての1位なのでかなり凄いですよね。今後も益々動員数は増えていくでしょう。2回,3回と見に行く人も大勢いるかと思います。

PAGE TOP