火炎瓶の作り方はガソリンを使用するので非常に危険!違法に!?

火炎瓶という物を知っているでしょうか?原始的な爆弾の一種と言われていて、ガソリンを扱う為、危険な物。火炎瓶の作り方は非常に簡単なのですが、威力はかなりあるそうです。そんな火炎瓶の作り方はガソリンを使います。ネット上で調べると火炎瓶の作り方がわかりますが、絶対に作らないこと!違法性がありますよ!

火炎瓶の作り方はガソリンを使うので危険!

詳しい火炎瓶の作り方はここではお伝えしませんが、簡単に説明すると、瓶にガソリンを入れて・・・✕✕します。なので誰にでも簡単に作ることができます。しかし、威力はかなりでるとのことなので非常に危険な物です。

火炎瓶を製造したり所持した者には処罰が与えられます。

➀三年以下の懲役
➁十万円以下の罰金

危険な物と認識されているので、こういった処罰は当たり前ですよね。

ちなみに、火炎瓶は炎上するものの、爆発はしません。なので、日本の法律では爆弾とみなされず、「火炎びん」という独自のカテゴリに属するとのこと。こういった火炎瓶は元々、戦争などで使われていたそうです。

現在はネット上に火炎瓶の作り方が載っていて、誰でも簡単に作ることができてしまいます。その為、子供が遊び半分で作ってしまうなんてことも・・・。

火炎瓶は非常に危険な物、そして処罰の対象となるので絶対に作ったり所持しないようにしましょう!

ネットはかなり便利な分、危険な情報もあったりします。特に、未成年など子供は遊び半分で試してみたくなると思うので、危険な情報に関しては観覧制限などあったほうがよいのかもしれませんね。

火炎瓶による事故や事件なども多々あるので、火炎瓶の処罰をもっと重くするなどの改訂をしてほしいなと感じました。

PAGE TOP