あけおめLINEを片思いや好きな人へ!脈ありの返信内容はコレだ!

今の世の中、LINEが流行っていますよね?1月1日にはあけおめLINEを送る人が大勢いることでしょう。そんなあけおめLINEなのですが、片思いの相手や好きな人へ送るのはどんな内容がいいのか?気になりますよね。また、脈ありの返信はどういった内容で返ってくるのか?これも知っておきたいところです。あけおめLINEを片思いの人や好きな人へ送る予定の人は、送信内容と脈ありの返信内容を確認しておきましょう。

【あけおめLINE】片思いの相手や好きな人への送信内容

あけおめLINEなのですが、片思いの相手や好きな人へ送るには注意点があります。まず、他の友達と同じような文章,内容を送らないこと。あけおめLINEは貰って嬉しいかと思いますが、「みんなに同じ文章送ってそうだな~」と思われたらOUT。片思いの相手や好きな人には、他の人に送るあけおめLINEの内容と差別化するようにしましょう。

また、あけおめLINE用のスタンプや正月のスタンプなんかも「みんなに送ってそうだな~」と思われがち。スタンプよりも、何か正月らしい写真を送った方が良いかと思われます。ただし、自分の写っている写真は送らない方がいいかもしれません。相手との親密度によりですね。「ナルシストかよ・・・」と思われてしまったらOUTですから・・・。

以上の点を踏まえて、片思いの相手や好きな人へあけおめLINEを送るように。そしてポイントは、さりげなく正月に遊びに行くのを誘う点。正月には初詣や福袋など、外出するタイミングがいくつかあると思います。あけおめLINEでうまくやり取りして、誘ってみてはどうでしょうか?

<例>
【自分】あけおめ!今年もよろしくね!去年は中々会えなかったね~。元気だったかな?お正月は体調崩しやすいし、気をつけてね。
【相手】あけおめ~今年もよろしくね!あまり会えなかったね~。元気だったよ!ありがとう♪気をつけるね!
【自分】俺はお正月、福袋買いに行こうかなって思ってるよ!お正月はどこか出かける予定ある?
【相手】私も福袋買いに行くつもりだよ!
【自分】そうなんだ!よかったら一緒に福袋買いに行かない?お昼ごはんはご馳走するよ!

簡単な例ですがこのように、相手に「元気だった?」「体調に気をつけて」と気遣ってあげること、そしてお正月というワードから話の流れを作り、一緒に出掛けるお誘いをしてみること。疑問文で内容を送れば相手は返してきますから、疑問文は重要なポイントです。ただし、1回のLINEで何度も疑問文を打つと相手も嫌になってしまうので、1回のLINEで1~2回までにしておくように。

そして一緒に出掛けるのを誘う際、自分がご飯を奢るよ!とか、かなり美味しいお店知ってるんだ!など、相手の興味をそそる内容を付け加えることも大きなポイントとなるでしょう。

では、片思いの相手や好きな人からの脈ありの返信内容はどんな感じの内容なのでしょうか?

【あけおめLINE】脈ありの返信内容

片思いの相手や好きな人からの脈ありの返信内容。先ほど、あけおめの挨拶から話の流れを一緒に出掛けるという方向に持って行き、うまく誘ってみるのがおススメとお伝えしました。これに対し、脈ありの返信内容は「一緒に行こう」といった返信が来ることですね。たまたまお正月はもう予定が埋まっていた場合は断られるかもしれませんが・・・。

しかし、お正月の予定が埋まっていた場合、お正月明けなら空いてるよ!など、お正月以外で会おうといった内容が来るはずです。自分の気になっている人からお正月に誘われたけど、お正月の予定は既に埋まってしまっている・・・でも会いたい・・・となれば、お正月明けに会おうといった内容がくることが多いですからね。

お正月におでかけのお誘いのあけおめLINEを送り、OKの返事やお正月明けに会おうといった返事が来れば脈ありの内容と捉えて大丈夫かと思います。逆に、断られてしまったら脈はない可能性が高いのかな?と・・・。自分が気になる相手からのお誘いは、出来ればうまく都合をつけて行きたいと思うもの。それが正月というイベントならば尚更です。

片思いの相手や好きな人にお正月、おでかけの誘いをするのは少し勇気がいるかもしれませんが、頑張って誘ってみましょう!

PAGE TOP